準備⑨願書に添付する受験用個人証明写真と家族写真

願書提出は10月ですので既に遅い内容ですが、現在年中以下の方の参考になればと思います。

実際に自分で写真を撮りにいった、若しくは、友人達から出来た写真を見せてもらい、ヒアリングからの感想も含めて書いています。

小学校受験の願書には必ず、受験する本人の「個人証明写真」は必要です。女子校やある共学校は「家族証明写真」も必要になります。

写真で面倒なのは、全ての学校がいわゆる普通の証明写真サイズ(縦4cm横3cm)であればいいのですが、特殊サイズの学校が多々あるからです。ですので、写真を早めに用意しておく必要もありますし、突然追加で出願する場合急ぎ用意することがでてくるかもしれません。

子どもの身分証明写真は撮るのは大変難しいです。 カメラをまっすぐみれない、フラッシュで目を閉じてしまう、そして、飽きてしまうからです。まずは小学校受験の方が利用する上手な写真館で基本となるレベル(仕上がり)を見た方が良いかと思います。

1.定番のフォトスタジオ

(1)伊勢丹写真室(新宿区)

定番中の定番で、落ち着いた感じの仕上がりになります。

ただし、ある塾の先生が「子どもの顔が暗い」ということで別の写真館をすすめていました。
確かに、数人の方の写真をみましたが、口角が下がって(子どもに笑ってと言っても無理ですが。)いて子どもらしい、明るい顔にはなっていませんでした。

(2)小林写真館(世田谷区駒沢)

こちらの特徴はサンプルプリントを作成してくれるので、サンプルプリントを塾の先生と一緒に見て選べる事です。

サンプルプリントと実際の写真をみせていただきました、綺麗に仕上がっていました。 じっくり選べるのは良いと思います。

(3)前田フォトスタジオ(豊島区)

HPもありませんが、お受験の世界では有名なスタジオです。

町の一軒家の写真屋さんですが、店内にはいれば、ある有名人の写真等も展示してあります。
こちらの特徴は上記2店舗とは違い、こちら(客)は全く写真を選べません。お任せで、修正もばっちりの写真ができてきます。子どもの顔はやわらかく、とても上手に出来てきました。

その他にも写真館はありますが、実際に複数回見た・行ったことがある所だけ書きました。

個人的には写真として、修正も含めて仕上がりの綺麗さは
前田フォトスタジオ>小林写真館>伊勢丹写真館
と感じますが、写真は親の自己満足の世界ですので、色合いが伊勢丹の方が好みなど色々ありますのでHPがある所は見て頂き、ご家族のお好みで選んでいただければ良いと思います。

2.データがもらえる個人証明写真

もし、時間があれば、受験生の普通の身分証明写真を一度撮影しておいてください。高いお受験用写真ではなく、普通の身分証明写真が撮影できる所で(大体CD付きで2,000円程度です、ある程度修正ができる所をお勧めします。)。 データを頂いておくと今後楽になります。もちろん、仕上がり(子どもの顔)は上記1の受験写真にはかないませんが、安心材料としてお勧めしておきます。(修正は必要です、特の女児の場合、髪の毛がすこしずれている、髪の毛が額に一本だけかかる、髪が数本出ている等あるからです。就職活動のコースがある所であれば修正もできます。)

なぜかというと、1で紹介したお受験写真館ではデータは購入できないため、急遽併願校を追加して願書提出する場合、写真を用意する必要があります。 もし、データがあれば、近所の写真屋さん(パレットプラザなどチェーンでもOK)で250円程度で1時間で焼き増しができるからです。

その他、記憶が正しければ、お茶の水女子大学附属小学校は抽選後1-2日後には願書を提出日となり、特殊なサイズ(縦8cm横6cm)を1日で用意することになります。(間違っていたらご指摘ください。)事前に用意しておけば良いのですが、抽選に通れずもし使わなかったら・・特殊なサイズすぎて他では使えません。

データがあれば今後他に使う事もありますので、費用もそれほどかかりません是非試してみてください。

3.写真を撮る時期

夏休みギリギリ前です。 願書に3ヶ月以内と記載もありますが、夏休みに日焼後は良くないです。 休み前が良いと思います。人気の写真館は予約が1ヶ月先になることもあります、撮り直しも考えると、早めに一回は撮りましょう。

最後に: 証明写真も受験用の洋服と同じで、私は親の自己満足の世界だと思います。写真は、学校が受験者とその家族を確認するだけのものです。

とはいえ、もしも、幼稚園・小学校受験が全く始めてでどちらの写真館で撮れば良のかわらないというのであれば、1で記載した所は小学校受験写真のプロですので安心してお任せできると思います。

error: Content is protected !!