何校まで受けるのが現実的・日程・9月生 女児 年長ご質問への返答② 早稲田実業・慶應附属小

何校まで受けるのが現実的・日程・9月生 女児 年長ご質問への返答① の続き

3.考察

考察1:第一志望 早稲田実業学校初等部の場合

第一志望を早稲田実業学校初等部にするのであれば、年長から学校別を受講することをお勧めしておきます。ヒアリングで合格者から聞いたところは、大手ならジャック国立、中規模ならならメリーランド(吉祥寺)です。早稲田実業は願書もかなり書き込む事が必要ですので、本気で準備するならば、年長の今、現在通っている塾を精査した方がいいと思います。

現在ペーパー塾、行動観察、絵画の3カ所で受験準備をされていますが、年長から学校別を追加することは可能ですか?それか、これ以上不要と思われる所をいっそ退塾することもご検討ください。 ただ、女子の場合、共学希望でも女子校を受験するのが一般的で、準備範囲がものすごく広くなってしまいます。行動観察塾は現在もし気分転換になるのであれば継続もOK、または別の女子校学校別を受講するであれば退塾も一案。ただし、早稲田実業学校別でも(共学校の)行動観察も含まれると思います。(各塾に内容をご確認ください。)

準備されるのであれば、早めに過去問はまず親がときましょう。すでに1年ありません。

過去問はこぐま会の過去問とっくん2020年度 早稲田実業学校初等部とセットで
教室指導者からのメッセージ2020年度 早稲田実業学校初等部
又は、伸芽会の早稲田実業学校初等部入試問題集 2020 (有名小学校合格シリーズ) を見ましょう。

考察2:女子で募集人数が少ない早慶を受験するか?

私の個人的なヒアリングや質問を受けたのみの少ない経験からですが、フリーの方はなにかと「早慶」を出してきます(人気校ですのであたりまえですが)。小学校受験するなら早慶以下の大学附属は受験しないと言う方がいます。 フリーだからこそ何でも言えるとうこともありますが。

その時点で大学と同じキャンバス内で設備が良い(又は隣接)青学、成蹊、成城学園、小学校単体でも十分な広さがある学習院、中高のみ同じ敷地の立教、立教女子、都心にワンキャンパスの昭和などは排除されてしまいます。どの学校も特徴がありますので、中には入学が難しい学校もありますが志望校として検討もしないのはもったいないと思う事があります。

その場合、「これは大学受験ではなく、小学校受験です」とお伝えしています。

小学校受験で将来大学の早慶に入学できる保証がいただけることを、第一志望の理由にするのはちょっと違うのではないでしょうか?(又は、親が志望校を選ぶ際に一番大事ということではない)どうも、親の頭の中が、「早慶の呪縛」状態です。

もちろん、そういう考え方も一つです。優先順位を①大学附属なら早慶のみ、②附属中高まで大学受験(雙葉、光塩) ③大学がある女子校(白百合、豊明、東洋英和、聖心、立教女子) ④中受験(宝仙等) ⑤通学が楽(新渡戸)などにする。

しかしながら、少し柔軟に考えませんか?とお伝えしています。

今は、海外のそれこそ有名大学もネットで受講出来る時代です、早慶大はそれほど大事ですか?それよりも、まずは大学よりも前にある、子どもの小学校6年間、若しくは附属中高まで進学して12年間を中心に考えるべきだと思うのです。あたりまえですが、早慶は大学で受験するのが一番募集人数が多いですし、大学受験はその子の実力次第です。

本当に「小学校受験するなら早慶以下の大学附属は受験しない」という考えの方が多いのです。早慶小も受験者が多ければ受験料を納めてもらえるし、今年も人気校ということで安泰ですが。元々ご出身、例えば祖父が早稲田実業中高出身で、ラグビー部で活躍した、そのため、同じように中高の運動系で活躍してほしいからお孫さんを早稲田実業小から入れたい。親が幼稚舎出身で小学校の教育内容や特色をよく理解した上で女児でも受験させたい等、大学前の12年間の価値を理解されている方なら受験する意味があると思うのです。 また、歴史がある学校であれば、卒業生・後援会等で長きにわたり学校に貢献している方々がいます、そういう方々がいることを理解して志望校を決めて頂ければと思います。

大学が早慶だからではなく、その前の12年間も大切であり、最低保障として早慶がある。他の大学附属小学校に入学しても、将来どうなるか解りませんが、未来の最低保障として大学があるという程度にしておいて、将来はお子さんが大学を選べばよいのではないでしょうか?

なぜ、こんな事を書くかというと、特に募集人数が少ない女児の場合、抽選の国立の場合と共に「心の第一志望」として準備を行いそれと同時に、「現実的な第一志望」を決めることが大事だと思っています。さらに、ご相談頂く方が殆どWMのため、これだけの準備ができるのかと思う時もあるからです。(とても要領が良く、出来る女子なら大丈夫だと思います。共に親の面接力も必要です。)

もちろんフリーでもしっかり準備をしてまずは12年間充実した学校で良き仲間と過ごすため(+早慶大に進学できるかも)にも是非受験したいというのであれば、是非がんばってくださいね!と応援いたします。

ヒアリングで: 早慶も受験するけど、志望校は全て大学附属の小学校のみというわかりやすい選択の方もいました。ご家庭の考え方次第です。もちろんそのまま大学に進学するつもりも無く、大学は子どもが選ぶのが一番だが、セーフティネットは用意しておくという考えです。

最後に少し気になった事:

①バス通学について、(近い学校ならOKですが)朝の行きは問題なく到着できるとおもいます、ただ、帰りは予定よりの遅くなるかもしれないので、できれば、バスよりは電車で通学できるところを優先した方が6年間ですので良いかと思います。東洋英和を青色で記載し追加したのは、お住まいの地域から電車一本で通学できるからです。

②フリーにとって丁度いい共学校とは? ご質問いただき、よくよく週末に考えてみました。ご姉弟で(2)準備次第で合格いただけそうな学校 普通にある程度人気があり、第一志望にする方々がいる共学校はどこでしょうか?(ご意見いただければ嬉しいです。)

過去にご姉弟、兄妹で知り合いが実際に入学しているのは、大学附属だと、学習院(※)、慶應幼稚舎(※)、成城学園、早実です。(どこもそれなりに難しいです。)
逆に、姉弟、兄妹でも別々の学校もよく聞きます。 男子校+女子校、共学+女子校です。
その他大学附属で高校まで共学は、青学、成蹊、東京都市大学付属小学校(中学受験校の位置にありますが)
附属高校までありで共学だと さとえ(埼玉)、桐蔭(神奈川)、

小学校をできれば同じが良いと共学校を志望しても、その先中高で男子校か女子校に分かれる所が多く(※の学校です)、別の考えとして、たった6年間の事で共学校にこだわらなくてもいいのかもしれないとも思いました。もしくは、中受校のように、6年間一緒でその後中高は別に進学するなど、お子さんの状況とご家庭のお好みでご検討ください。

1校正規合格頂くこと(学校から是非来年入学してくださいね、お子様とご両親を学校・教師は心から待っています。と言われること)が小学校受験では一番大事と思っています。

長くなりましたが、少しでも参考になれば幸いです。 いろいろな志望校の考え方がありますので、あくまでも一案です。ご家庭でよく相談してお子さんにとってなにが一番良いのかをよく考えて志望校選択していただければと思います。 なにか決まったらご一報いただければ幸いです。

error: Content is protected !!