受験終了の方からの質問 第一志望雙葉への返答 (塾の使い方) 女児 年長

ご質問ありがとうございます。私立受験お疲れ様でした。 国立が残っております、どうぞ受験の日まで元気にお過ごしください。

現年長、私立受験を終了した方から質問(意見)を求められました。 細かい事でブログにのせられない内容はメールで既にお伝えいたしました。

第一志望校は雙葉、併願校で他の女子2校を受験されました。受験経験はなし、フリーの方です。年中夏から塾に入り、長時間試験の白百合では子どもの集中がもたないと感じ、雙葉を第一志望とされました。

質問1.年長の春〜夏の間、出費に対する学習効率に疑問を感じ、年度途中で一度お休みをとりました。 その後、やはり塾の力も必要と感じ、夏以降にまた塾に戻りましたが、教室を一度退会せずに続けたほうが良かったのか。

どちらでも変わらないかと思います。 お嬢さんが夏以降の模試で一桁近くをだせるということはとても優秀なお嬢さんだと感じました。また、塾に通っていない間にしっかりと勉強をこなして、ご両親の勉強の教え方も良かったと思います。

ただ、難関女子校を受験するのであれば継続も手だったかと思います。(別の塾へ転塾も含めて)お通いだった大手の経験者は、私が聞いた限りですが、費用が高い割にという方と、サポートが良かったの2種類に意見が分かれると思います。 塾は合わない場合があるので、転塾でもと思いました。

まず、塾に通うのは二つ理由があります。(1)お子さんが受験で必要なスキルを身につけるため(2)親が情報をもらうため、です。

(1)お子さんが受験で必要なスキルを身につけるため
自宅での勉強だけでは仕上げられないことがあります。例えば、行動観察(どのように友達と接しながら行動するのか)、知らない先生(大人からの)指示に従うこと、長い考査時間になれる事等です。

残念ながらお嬢さんは本番の試験でなにかがうまくいかず「本番は失敗した」と言っていたそうです。しかしながら、小学校試験は一校1回のみ、中学受験のように別の日程があり複数回も受験できません。それも雙葉小はたった1時間程度です。そのため、塾では本番と同じような事を繰り返し「訓練」していると思ってください。本気で準備している方はその「失敗」がないようにしていると考えてください。 そのために、模試も他塾で受けたりしているのです。

(2)親が情報をもらうため
初めての受験とのことでしたので、年長の特に夏前は願書を仕上げる時期ですので、そこが間に合ったのか、十分吟味して書けたのか、塾の願書添削はじっくりできたのか、と感じました。特に雙葉は、卒業生や関係者以外学校の中に入る機会はなく、小学校受験は一方的な学校説明会(質問はできない)と東京フォーラムの相談会のみのため雙葉の願書を書くのが大変だったのではないでしょうか。
また、受験日程の相談がうまくできてなかったと感じました。高い塾費用をだしているのであれば、たった2校のみ併願ではなく、その前の千葉・神奈川校も含めて日程的にもっと併願校の相談もができていればと感じます。 今回の併願校をみても、高額な費用を払っている塾側がもっとアドバイスすべきであったと感じます。(親も積極的に塾を活用するべきであった。)

質問2.(志望校を決めた当時に比べ、最終的にペーパーが伸びており)縁故も重要な雙葉よりも白百合を第一志望としたほうが良かったの

「最終的にペーパーがのびる」ですが、みなさん最後の10月にはペーパーが伸びると思います。 今まで時間がたりず最後まで終わらなかった子は、スピードアップしてきますし、図形が苦手なお子さんも段々慣れてきます。

それよりも

<1>準備期間が短かかった
ご存じだと思いますが、雙葉も白百合も幼稚園受験残念の方達がリベンジ受験しているところです。雙葉なら2年保育、白百合なら2保と3保の2回。年齢なら2−3歳から受験準備をしています。 また、他の有名附属幼稚園から雙葉小受験もいます。このような、お受験ベテランと一緒に受験するのです。

私がヒアリングをさせて頂いた内容から見て、(気を悪くしないでください)最難関女子校を受験するには、受験準備開始が少し遅かったのではないか思います(準備期間1年5ヶ月)。または、遅いスタートでも、毎日早く帰宅して、午後は受験準備をする、位であれば間に合うのかもしれません。 例えば親が2回目の受験であれば、知識も多く、無駄を省くこともできるので、遅いスタートでも間に合うかもしれません。しかしながら、5−6歳が受ける試験です、早めの準備の方が良いと思っています。 更に、勉強だけではなく、家族で行っている事、生活全般、お子さんの習い事、(願書に書く、面接の質問に答えるためのネタとなります)と親の面接準備(難関幼稚園受験を未経験であれば面接練習をしましょう)も大事です。

<2>併願校が少なかった
一日に2校受験出来たことはラッキーだと思います。知り合いは受験された、2校目間に合わなかった方がいました。 ただ、私立3校受験(11月2日で終了)のみは少ないと思います。 初めての試験が11月1日第一志望は、お嬢さんは大変だったのではないでしょうか。 11月1日の前に、お住まいの地域から通える、千葉・神奈川校又は、練習で埼玉校を受験しておくべきだったと思います。そして、第一志望試験後、日程をみれば他の女子校も共学校も受験できました。 最初からこちらの学校には通わないと決めずに、もう少し併願校を増やして、合格いただけけた学校から実際に進学する学校を選ぶ事ができていればと感じます。

<3>お子さんはどちらの学校があっていたのか
細かい事ですのでこちらには書けませんが(メールで返答しました。)、お子さんによって明らかに合わない学校もあります。
フリー女子で特に難関希望の場合は、とことん準備をする必要があります。 しかしながら、女子校の「何か」(親の職業・出身大学・願書の内容等)があわないと残念ながらご縁いただないようです。なにかとそつなくこなすお嬢さんの場合、ある私立共学や国立のようにお子さんを中心に見る学校だとご縁いただけます。または、親がお嬢さんの性格を思い違いしている場合、他の雰囲気の違う女子校にご縁がいただける場合もあります。その辺まで考えて、併願校を選ぶのが大事だと感じています。

その他、併願された学校の具体的な事(良い面、悪い面も含めて)などは個別メールで返答しました。

「親として第一志望の結果が出せず反省しています」と記載があり、次回、第一志望と併願校について返答を書く予定です。
(更新)はじめに④第一志望と併願校の決め方考察 に記載しました。

国立までお体大事におすごしください。お子さんが元気に受験できますよう、心から祈っております。

参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!