ま行 10月生 年長 男児  男子校・併願校・塾ついて相談への返答

新年長男児の方から相談のメールをいただきました。(更新) 

1. 塾であまり相談ができない → 併願校についてあまり決まらない
2.男児のため、男子校の暁星と立教を受験することをすすめられているがよく分からない だと思います。

既に新年長であまり相談ができないというのは困る事だと思います。 遠慮せず電話で事務の方に相談の時間を先生に取って頂けるように依頼しましょう。今大事な時期です。

男子の場合は女子よりも正直、志望校は分かりやすく選ぶ事ができると思います。お会いした事もございません、お子さんの雰囲気、準備の状況等全くわかりません、時にこちらでは分からないために失礼な事もかいていることもございます、その辺ご了承ください。

志望校:志望順に桐朋学園小学校、成蹊小学校、都市大学付属、暁星小学校、西武文理小学校、自由学園
志望校の何が大事か:1.学校の雰囲気(設備、及び、学校の対応) 2.大学受験希望 3.公立回避 です。

まず、男児の方の受験校選びは男児の志望校選びご質問への返事 現年中さんに記載しました。参考にしてください。

1.志望校シミュレーション

(カッコは最寄り駅からの平日朝7時30分に到着するための時間、お子さんの場合もう少しかかると思ってください)

埼玉校: 西武文理小学校(60+)

東京:
事前面接:立教 10月中旬〜
11月1日
・成蹊小学校(60+) 1日目午前
※立教小学校(16) 1日~2日(金) 両日
11月2日 
・成蹊小学校 2日目
※暁星小学校 (28)一次試験日 (時間は毎年ローテーションで生まれ月で変わります。)
※立教小学校 1日~2日(金) 両日 おそらく午前遅め〜昼頃の受付
11月3日
・東京都市大学付属小学校 (60+)11月3日か4日 面接当日 遠いです
11月4日
・都市大学付属 
※暁星小学校 二次試験日
11月5日~8日
・桐朋学園小学校 11月5日~8日まで 2日  おそらく6日と8日(60+)通学範囲を超えてますが移転予定でしょうか?
11月10日 
※淑徳 (30) 一般二次 アクセス良し、受験日程が遅め
11月17日
※宝仙(28) 一般 アクセス良し、受験日程が遅め

自由学園(28) こちらは独自の教育方針ですので、普通で考えれば、第一志望で行くところです。 併願校として考えるは違うと感じますがいかがお考えですか? どうしても気になる場合は、第二回目の募集があるので、11月初旬の受験が終わってからでも間に合います。 (募集要項要確認)

※は頂いたメールに受験するか悩み中及び、こちらで受験日程・通える範囲を考えて追加した学校です。

2.暁星等男子校を受験するのか(質問への返答)

まず、どれぐらい公立回避なのかを聞いたところ、絶対公立回と連絡がありました。 それであれば、やはり男子校を受験したほうが良いと言えるとおもいます。おそらくどの塾の先生に聞いても、男児であれば圧倒的に募集人数が多い男子校のうちせめて1校程度は受験するこをすすめると思います。そして、私も男子校、特に今回質問をいただいた暁星の受験はおすすめ致します。
(暁星と立教はお好みがわかれます。もし、立教が好みであれば日程をご確認ください。)理由は以下のとおりです。
暁星の場合:
1.募集人数が多い 内部進学を除いても男子80人募集+補欠を含めると合計三桁合格の時もある
2.ご自宅からアクセスが良い
3.大学付属校合格発表後、男子校は二桁の補欠が回る
4.学費が比較的安い(カトリック)
5.OB 見えないことですが、男子校のつながりで一生頼れる友人と先輩方との関係を手に入れることができます。医者の家庭などはこちらを望む方も多いです。
6.実力勝負、縁故全くといっていいほど関係ありません、お子さんの準備次第
7.勉強しっかり 語学もしっかり

さて、すすめてはいますが、暁星は難関校です。私立らしい受験内容の学校です。ペーパーのみならず、その他小学校受験でも幅広い内容ですので、練習で受験しても太刀打ちできない学校です。学校別、ペーパーの仕上げ、巧緻性、運動、行動観察、等準備はしっかりして頂きけますよう書いておきます。

過去問は
伸芽会 暁星小学校入試問題 2020―過去10年間(2010~2019)
こぐま会 教室指導者からのメッセージ2020年度 暁星小学校
過去問とっくん2020年度 暁星小学校
伸芽会の過去問は10年間の問題が記載されていますが、面接や細かい分野別の傾向などは載っていません。 細かいことはこぐま会の「教室指導者からのメッセージ」シリーズに載っています。  

M様は小学校から男子校に抵抗があるみたいですが、中学受験する方達でもやはりそれなりに良い学校は男子校がありますし、ご姉妹いらっしゃるのであまり気にされなくてもと思います。
進学するか進学しないかは合格書をいただいてから悩んでもいいのです、逆にいえば今悩んでも、
(1)受験準備をする
(2)願書を提出する
(3)無事に2日間試験を受ける
(4)合格書をいただく
までやらないと進学するのか悩めません。 要するに、受験するかをお母様が今、事前に悩む事ではないと言いたいのです。
また、「学校施設内にはいったことがなく」と記載がありましたが、10月に運動会がありましたが、見学されましたか? 年長の10月はすでに願書提出は終わっています。はっきり書きますが準備が遅いのです。年中に見れるだけの学校は見学すること、子どもの学年が年中の間におわってしまう行事もあります。受験をすると決めたら年中からスケジュールは確認することが必要です。

ブログで年中に沢山見るようにと書いていますというのも、学習発表会と同様年長ではすでに遅い公開行事もあります。

私は堅実な受験を進めておりますので、桐朋がお好みでも試験日程も遅いため他の学校と併願ができますし、募集人数の少なさ独特な試験内容から、もう少し、募集人数が多く、合格できたら進学しても良い、かつ、通学が楽な学校をを複数用意しておいた方が安心かと思います。

3.志望校について

第一志望の桐朋、第二志望成蹊、第三志望都市大学付属の全て遠い学校が志望校について、 今の所、通学時間の優先順位は低くしていると返答がありました。例えば、慶應幼稚舎・早稲田実業などはかなり遠くから通われる方もいるのは在校生の親からも聞いています。しかしながら、移転予定でなければ、 今一度見直した方が良いのではないでしょうか。私はお子さんの安全、及び、私立は何かと学校に行く機会が多いため、ご姉弟もいる中、遠い学校は全く現実的ではないとお伝えしたいのです。 ギリギリ60分程度、乗り換え無し等なら分かるのですが、それ以上の場合は、よく考えてください。もちろん受験して結果をみてからでも良いのです。 お住まいの所から通学の便が良い私立校もありますのでそちらも見てください。 

桐朋学園は試験日程が遅いのでそのままでも良いと感じていますが、その他は男子校との日程をみて併願校をお選びください。また新たに入れた学校で見学されてなければ行ってください。

桐朋学園について:昨年の受験者数は発表がなく分かりませんが、男子の倍率がおそらく6〜7倍程度あるのではないでしょうか。そこまでの高倍率になると私は「心の第一志望」として準備をしつつ、「現実的な第一志望」を早く決めてそちらの準備に力を注ぐことも忘れずに行った方が良いのではないかと感じています。公立回避なら必ずです。

以下4に志望校の理由について考察他を書きます。

4.志望校を選んだ理由について

(1)学校の雰囲気 (設備・雰囲気他)
→設備が良い(例:早稲田実業など)のはいいですよね。分かります、しかしながら、小学校にいる時間で実際の自由時間は少ないです。 某大学附属校のように4時頃まで校庭であそべるという学校以外は授業終了後すぐ帰宅です。 設備充実が実際どれぐらいお子さん達が使うのかも考えてみてください。 まず、これが志望理由の一番大事にくることではないと思います。
願書に「設備が良くのびのびとあそべるから」とは決して書けないと思います。
設備重視となると、やはり校外の学校(自由学園、埼玉校)か昔から都内にある学校(学習院、幼稚舎、青学)か、大学附属校(大学と同じキャンパス内にある小学校は成城学園、昭和、成蹊など)です。

施設を使うのは先生ですので、先生がその施設をつかいこなせてなければただの箱物になってしまいます。 

M様の視点以外にも大事なことがあると思います。
例えば、先生の質、児童への対応の仕方などです。 
現在の在校生の保護者をご自身のネットワークで探してください。  
完璧な学校などありません、どの学校にも改善した方が良いと思うことが多々あると思います。その辺までお話が聞くことができれば良いかと思います。

→雰囲気 大事ですので、設備とは分けて考えましょう
学校の雰囲気で、やはり図画工作等に力をいれている所もありますし、これは学校の雰囲気やカリキュラム、得意としていることですので、設備とは違います。また、どのようなお子さんがいるのかにもよって違います。
どのような学校がお好みかは何となく分かります。ですので、桐朋第一志望としても、他の学校(併願校)は少し範囲を広げて考えてみてください。各学校特色があり、良い事も改善した方が良いと思う事もあります。

(2)中学高校受験回避 大学受験を選択
暁星、桐朋、学習院・成城学園(大学付属だが男子は大学受験で出る方多い)
例えば、大学附属校でも比較的外部に進学してしまう学校として 成城学園、学習院、(成蹊も)志望校には入れることができますが、学習院以外は遠いです。

(3)公立回避
公立回避としてですが、ご希望にはあいませんが、中学受験校の宝仙(男児は比較的倍率が高い)、淑徳は通いやすいと思います。

(4)国立
私は国立は面倒見も良くなく、親の出番も多いので決しておすすめはしないのですが、男児で、かつ、ご自宅から通学の便がよいので、一応出願だけは考えておいてください。決まった日に願書配布です。

5.塾について

年中及び現在お通いの塾は残念ながらヒアリングでは利用されてた方がいなかったため、どのような塾か分かりかねます(名前は知っています以前問い合わせをした事があります)。すみません。 しかしながら、新年長の今(すでに1年内中)相談できないのは良くないです。高い塾代を払っています、先生に相談の時間を取って頂けるように是非聞いてください。小規模・個人塾は母数も少ないために、是非とも他のお子さんと受験の練習する場を買うと割り切り、大手で一クラス受講か季節講習を是非いれてください。 各学校に強い具体的な塾名はメールで送付しています。まず、ご子息がどれぐらいできるのか、3月の春休みに是非、他の塾の講習等を受講して自分の目で見てください。 

その他:
お住まいから都心にある学校へ通学する方が便が良いのに大変もったいない気がします。新年長でやはり、ある程度学校を絞り、確認のために年長で学校説明会にでる、としておく方がよいので、もし、男子校を足すのであれば、今年必ず見学をしてください。

下のお子さんの事もあり、桐朋小学校(調布)をどうするのか、他細かい事及び、疑問点があり質問のメールを再度いれましたが、その後返答がありません。  →返答ない方にはこれ以上の相談はお断りしています。

早めに、「現実的な第一志望」を決めて準備を進めてください
参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!