準備⑦国立受験準備から私立に変更する場合

何件か質問いただきましたため、まとめて記載いたします。お子さんの性格、いつから準備を始めたのか、また、どこまで準備が終わっているのかも違うため、このような考えもあるよ程度に読んでいだければと思います。

これまでに数件ご相談いただいておりました国立受験準備から私立受験準備に変更する場合ですが(新年長開始時期で準備に約1年ある前提です。)

1.ご相談者の経緯は

・ご姉妹(兄弟)が現在国立在学のため、下の弟・妹さんもできれば同じように国立を第一志望としているが、
抽選もあるため、やはり私立に1校は確実な合格がいただきたい
・特に下のお子さんが、妹さんの場合は、新年長になってからやはり私立の女子校志望に変更したい
・兄姉が数年在学してから、やはり妹弟は私立第一に変更したい
等です。

2.塾について

国立受験準備の方は私立準備の方より短い時間のクラスに通っています。準備内容が足りないと思います。国立の塾で、例えば、わかぎりで1時間程度、他の個人塾でも長くても1時間30分程度/週です。

普通、女子校志望の方であれば、最低でも総合クラス+第一志望学校別クラスを受講 
それ以外にも巧緻性、行動観察、体操、ペーパー難関校志望ならペーパー専門塾、絵画、第二志望以下の季節講習などを受講しつつ自宅でもコツコツ準備をしています。

また、男子でご相談頂いた方で、男子校の暁星も上記と同じように最低でも総合+第一志望学校別、巧緻性、体操、ペーパー強化などに通われています。
暁星はとても私立らしい試験だと思います。まず、難しいペーパーだけではなく、二次には行動観察、巧緻性、体操がありますが、その中でも片付けまで出来る男子、そこまでご家庭でも生活を大事に準備をしている方々が受験されます。
私はそれでも、女子校よりもまだ少しだけ楽だと感じているのは1.補欠を含めれば三桁は合格できる 2.実力重視 3.願書の記載が少ない、からです。

塾を追加する場合は、全体的に準備が足りないため、まず、私立校の第一志望から第二志望程度まで早めに決めて、そちらに沿った塾を追加することをお勧めします。

3.私立校の難易度による準備の違い

受験予定の方全員がいわゆる難関校を受験する予定ではないため、ご相談者には

3−1. 志望校を決める

(1)私立校の見学を急ぐこと 
(2)志望校を数校選んでもらい
(3)学校特徴、通学、併願できるかを等を考えて
(4)複数志望校の難易度をお伝えして、今後必要と思われる塾、クラス、内容をお伝えしています

3−2.受験予定の私立校の難易度と準備の違い

(1)1~2倍以下であれば、現在の準備でも十分だと思います、過去問がある学校であれば目を通してください。
(2)2倍程度であれば、現在の塾+ご家庭で過去問をしっかりやる 必要であれば・苦手な項目があれば季節講習程度で対応可能だと思います。
(3)それ以上の倍率の学校、一日校(女子校等)、男子校、神奈川校でも約200人以上の志願者がいる学校(洗足、森村、カリタス<女児>、精華<志願者人数は未発表・男児>、横浜雙葉 他) であれば、週一の塾では準備不足です。塾を追加することは必須と感じています。

志望校が決まれば、これまでの準備から、足りないこと(巧緻性、行動観察、ペーパーなのか)、及び、練習の場として学校別などを追加して行く事が必要です。 志望校の過去問を実際に親がとくこともお忘れ無く。

4.どれぐらいで間に合うのか

新年長に入ったばかりの段階で(残り約一年)、最難関の私立女子校はどうですか?と聞かれても「おそらく難しいと思います」と正直にお伝えしています。
以前のブログ受験終了の方からの質問 第一志望雙葉への返答 女児 年長
に記載しましたが、「ご存じだと思いますが、雙葉も白百合も幼稚園受験残念の方達がリベンジ受験しているところです。雙葉なら2年保育、白百合なら2保と3保の2回。年齢なら2−3歳から受験準備をしています。 また、他の有名附属幼稚園から雙葉小受験もいます。このような、お受験ベテランと一緒に受験するのです。」特に、WMでフリーの方からの相談が多いこともあり、一年程度であれば準備が間に合わないと思います。

ただ、皆さんが最難関を希望するのではなく、やはり小学校は通学を一番に考えている事も多く、志望校でも2.準備次第で合格いただけそうな学校
であれば、残り一年でも間に合うかもしれません。 具体的な校名は個別相談でメールで連絡しています。

日程があうのであれば 1.難しいかもしれないが準備して望みたい学校をチャンレジ校として受験してもよい思いますが、受験料もかかりますので、あまり無理する必要はないとお伝えしています。

5.相談から思う事

今回この一年をきっている時期(1月2月に相談をいただきました。)に複数の方からご相談をいただき思ったことがあります。

・塾を追加ではなく塾を変更するか
現在通っている塾が国立に強い所で私立に合格者が少ない場合
あと9ヶ月の所で、一カ所やめて、更に1〜2カ所塾を足すのはお子さんにとったら環境の変化が大きすぎてどうなのだろうか、と感じました。
やめるよりも、時間があれば週1で通うことは変更せず、追加をおすすめしています。どうしても現在の塾があわない場合は、新しい塾が決まり通塾し始めてから現在の塾の退塾をおすすめしました。

・残り8ヶ月
無理しないでいただきたいと思いつつも、この8ヶ月必死でやらないと間に合わないと感じています。例えば女子校志望者であれば新年中(年少11月)頃からは準備を始めているご家庭ばかりです(準備期間2年)。とにかく体調に気をつけて、1日1日を大切に過ごしていただければと思います。 WMの方でどうしても間に合わないと感じる場合、例えば夏期講習でほぼ1ヶ月連続などの塾もありますので、なにかあれば連絡いただければと思います。

・準備の大変さが伝わらない
私立校準備に変更、それもある一日校希望となると、かなりの準備が必要になるのですが、これまで、そのようなお子さんが通っている場、この場合「塾」に在籍したことが無く、私学に進学希望のご家庭ががどれほど時間、お金、努力をしているのかが文章では伝わりにくいと思いました。 早めに志望校に対応する塾に体験にいっていただければと思います。もうすぐ4月ですので、入塾が出来なくなる可能性もあります。

元々、国立希望の方々ですので、念のため、国立小にも願書だけは出しておくこともお忘れ無く。

ちなみに国立と類似傾向の私立校は
・筑波大学附属は成蹊のペーパー
・お茶の水は個別試験ですので、私立との難易度・試験の所要時間まではわかりませんが、個別試験の私立は、青学、成城、学習院です。
どの私立もかなり難関です。

今週は時間が無く、一旦この段階でアップします。適宜、変更を入れていく予定です。 少しでも参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!