相談について管理者からお願い:返答は期日まで、親の仕事をする、塾は自分で見学

ブログを見て頂きありがとうございます。

昨年終わり頃から、相談を多数いただくようになり、分かる範囲のみですが、できるだけ真摯に返答をするようにしております。
自分の親戚が受験するという想定で真面目に返答を書いています。(通学時間、学校の特徴、試験の内容、今から準備が間に合うのか等色々考え返答しています。)
小学校受験は中学校受験と違い、特殊な世界だと思います。経験者しか分からない事が多い世界です。特に親自身が小学校受験を経験していない、例えば地方出身で高校・大学受験の場合等は、なかなか理解して頂けない細かい事もあります。

お会いすることできないため、相談は基本メールになります。 会うことがないからこそこちらが理解出来ない事、情報不足で十分な返答が書けない、また相談者の対応で困ることがあります

1.返答がない

1回はメールで返答があるが、こちらから適切な回答のために、質問を書いても返答頂けない方。

こちらとしては、中途半端な回答になり、ご相談者の希望に添っていないのではないかと感じております。是非、今後ご相談の方はより良い併願校や塾を選ぶ際にこちらから1〜2回質問を送ることがありますが、必ず返答いただけますようよろしくお願いいたします。なお質問に2週間返答がなければ、相談を辞めたと判断し、その段階で相談は終了させていただいております。

2.全く動かない親

こちらからの返答は「あくまでもこのような案もありますよ」と受け取ってだければ十分だと感じてはおりますが、時に、本当に準備が足りない方、親がやるべき事をやっていない方がいます。これは受験です。それも小学校受験、子どもが自分から「私この学校を受験したい!」と言っているわけでは無く、親が決めた受験です。最低限の事は親としてやって頂きたいのです。 そのような方にアドバイスしても動いてくれません。

例: 二校のみ受験で、他がダメなら公立で良い
もちろん、このような考えもありますが、私はブログ親がすべきこと 全てご縁無しだけは避けてほしい と書いています。
私はたった二校の受験ではもったいないと当たり前ですが連絡しています。特にその二校が両校とも第一志望とする方が多く、志願者人数が多い学校の場合。(比較的入試が難しくない学校も含まれるのであればそのままでも大丈夫ですとお伝えしています)。
お母様(お父様)はそれで良いかもしれませんが、今まで親の勝手な希望で遊ぶ時間を削って受験塾に毎週つれて来られたお子さんの事を考えると、できれば、そのお子さんにとって居心地が良さそうな学校や通学から考えて良さそうな学校等も含めて受験して頂きたいのです。

また、全員が試験当日無事に受験できるわけではないのです。インフルエンザ、熱、りんご病、胃腸炎、など病気に罹患する、天候、電車が動かないことも受験当日可能性としてはあるのです。

これまで、1〜2年塾に行き、願書を書いて、高い受験料を払っても病気で受験できないこともあるのです。がんばっているお子様のためにも、できれば日程がかさならない併願校を是非検討していただきたいのです。

例えばもし、ご自身ご姉妹がお子さんの受験を経験しているのなら、
妹が「二校のみ受験、あとは公立」と言ったらどうするかと考えました。
私なら「そういう考えもあるけど、これまでがんばってきた○○ちゃん(くん)に一校からでも合格書を頂けるように、今、親のあなたが併願校の見学や受験準備をしなくてどうするの?」と言ってくれるのではないかと思うのです。

こちらとしては、第三者として当たり前の事をお伝えしています、親としてやるべき事をやらず、聞く耳もないのに、なぜ「ご縁無しをさけていただきたい」という考えのこちらに相談してくるのでしょうか。

こちらには、受験後に「やはりもっと他の学校も受験すればよかった」という反省も多々連絡がきています。そのため、今まだ間に合う、今後受験の方に出来るだけリスクを減らすようにと書いているのです。

もちろん、二校のどちらかからご縁いただければ一番良いと心から思っておりますが、そうならない可能性があるのが小学校受験です。

また、見学もしていないのになぜか併願校候補から外す方がいます、とても残念に思っております。 勝手にイメージをつくって見学されない方が多いのです。学校の建学の精神は変わる事はありませんが、先生、保護者、児童は毎年かわります、また、学校側もより良くするために改革しています。そのため見学するとイメージとは違う所も多々あります。是非、自分の目で確かめてください

3.個人塾をおしえてほしい

例えば、志望校を追加した場合など、大手・中堅で対応しているところであれば、評判の良い所、適切だと考えた塾であればさらっと連絡をいれています。 また、今足りないことがあり、相談者から具体的に○○塾と○○塾のどちらかを選びたいのという場合も志望校にあった方か、塾として足りないことが出来る方を知っている限り連絡を入れています。

しかしながら、個人塾や絵画などのパーツ塾の紹介は恐縮ですがお断りしております
例えば、「○○を受験することにしたため、絵画が必要になった、近くで紹介してほしい」相談について申し訳ないですが返答できません。
理由は、
(1)個人塾は相性(及び特徴や強い学校)がありますのでどこが良いということをお伝えするのは大変難しいのです。 こちらが過去に利用された方からの評判も良い塾でも、もしかしたら、他の方には相性があわない可能性もあるからです。
(2)個人塾は信用が大事 お会いしたこともない方に個人塾は紹介できません。 ただ、紹介者不要の塾であれば検索すれば分かるヒントはお送りしています。

殆どの相談者はとても努力されている方々なので、ご自身で数塾体験に行き、複数の個人塾(パーツ塾)の中からどこを選ぶか悩むご相談の方が大多数です。その場合、「個人塾の特徴と志望校からみて、○○塾が悪くないと思います」分かる範囲ではありますが返答はしております。 もし、利用したことがない塾であれば、正直に利用したことが無くコメントできません、すみません。と連絡しています。

または、現在の塾がどうしてもあっているとは思えない、問題がある、子どもとの相性が悪い、そのような場合も大抵皆さん他塾を複数体験してから選ぶ際には各塾の特徴はお伝えしています。

良い塾・お子さんにあった塾を自分の力で探す、親のネットワークを駆使して紹介してもらうのも親のつとめと感じています。
是非、早めに複数の塾に見学・体験に行き、どちらかで悩むなどであれば、喜んでこちらか分かる範囲ですが返答しております。

お願いをばかり書いておりましたが、嬉しい連絡も沢山いただきます。

受験結果について連絡も頂きますし、現在準備中でも、アドバイスを受けて塾を追加・変更した、準備不足が分かった、併願校を増やし早速学校見学してきました等連絡頂けると、まだ、試験の前に間に合い本当に良かったと思います。

受験を経験して、やはり特殊な世界です。何が正解かはご家庭により違います。出来るだけリスクを下げることが大事だと感じています。
そのため、ご自身の考えが(私も含めて)全て正しいと思い込まず、塾の先生、既に受験を終えた友人等からのアドバイスを聞いて、もし今自分がやっていない事で実は出来る事はさっさと「お子さんのために実行する」事が大事だと思います。

こちらから相談者へのアドバイスも「このような考えもあるんだ」と感じていただければと思っています。 もしアドバイスの内容が気になり、他の塾を体験に行く、やはり学校見学を増やす、併願校を考える、今までやっていなかった事に気が付き、親が行動するきっかけになれば良いと感じています。

時間は過ぎていきますので、親が子どもの小学校受験のために出来る事はこの1〜2年間のみです。最後まであきらめず・やり通す親の努力が必要だと思います。やはり小学校受験は「親の受験」です。

最後に、相談希望の方は以下の「おことわり」を熟読してください。
おことわり:
1.ブログ相談希望の方:メールの返答内容をブログに抜粋して記載いたします。ブログには個人が特定されること、例えば、名前、最寄り駅、現在通っている塾名などは記載いたしません。そして、現在私立小学校に通いの方が見て不快に思うことは書かないようしております。そのため、ブログに記載していることは差し障りのない内容となっています。ご理解いただければ幸いです。
2.お会いしたことも無く、相談内容がメールのみのため、こちらでは理解できず、時に失礼な事を書いているかもしれませんが、その辺は情報不足の事もありますので、ご了承ください。
3.ブログ相談希望、個別相談希望の方:こちらから送った質問に2週間以内に返答が無い方は、相談を辞めたと判断し、ブログ相談として返答を記載します。
4.個別相談の相談内容はブログに記載はいたしません。秘密は厳守致します。
(改訂2019年12月23日)

時間が有るときに返答をしておりますので、時に遅くなることもあります、ご理解いただければ幸いです。

error: Content is protected !!