か行 7月生 年長 女児  慶應義塾横浜初等部 第一志望の場合他志望校について返答

ブログにアップすることが忙しく遅れています。 頂いている質問には随時返答はしております。

現在お仕事をお休み中のお母様からご質問頂きました。
■質問
1.慶應義塾横浜初等部第一志望の場合の併願校選び
■他検討中の学校は
慶應幼稚舎、青山学院、学習院、雙葉、成蹊、立教女学院
■見学済みは
慶應横浜、慶應幼稚舎、青山学院、洗足、カリタス、桐蔭、森村
■今後見学予定は
横浜雙葉、精華、雙葉、田園調布雙葉、学習院、立教女学院
■志望校の優先順位
中学受験回避、共学(小学校のうちはできれば)、給食あり、無宗教(宗教については低め)

ご相談者様のメールを読むと様々な事で混乱しているようでした。今回は複数メールを送り何が問題なのかを掘り下げてみました。まず初めに、ご相談者様の問題について考えられる数案お伝えして、その後、それらを鑑みつつも、まずはK様の志望校中心にシミュレーションをしました。
私は頂いたメールの内容(今回はお母様から)のみの情報で判断して、私からはこのような考えもありますよとという内容を返答として書いています。実際にお会いしたこともないために、時に的外れな事を書いてしまう可能性もございます。相談いただい時は4月でまだ学校見学していない所もありました。まず、学校見学等をおこなっていただき、再度よく受験校をご両親でお考えください。

お子さんの準備状況は模試の結果も大変素晴らしく、このままコツコツ準備をして頂ければと思いました。
ただ、志望校の選択が、ペーパーのみならず立体まででる慶應横浜、総合力が必要な女子校(でも女子校の準備はしていない)、個別試験の青学と学習院とかなり広範囲の準備が必要な学校選択です。そこまで準備ができるのか、それとも、少し絞って準備をすすめるのか。
神奈川校受験ならのこり3ヶ月、東京でものこり4ヶ月の準備期間です。良いご縁に恵まれればと思います。

■K様の現在の問題は
1.両親の併願校の意見があっていない
2.周りに私立小出身者保護者がいないために話が聞けない
3.中堅塾に通学のため、塾と相談が上手にでてきていない(塾に相談はしているが、塾から上手に情報をとることができていない)
4. お子さんが乗り物酔いになりやすい体質

1.K様の問題

1−1.両親の併願校の意見があっていない

第一志望校は既に決まっていて十分な準備をされています。
お母様は現在遊びの時間を削り、受験対策を行っているため、大学付属か付属中高があり、少なくとも大学受験までは受験のことを考えずに、好きなことに没頭させてあげたい。もし、それがかなわなければ、公立でも構わない。(公立回避ではない)
お父様はも大学付属か付属中高が志望だが、もし、ご縁なく、公立小に進学してもその後中学受験になるならば、初めから中学受験校の環境に置かせたほうがよい。(公立回避)

私からは;この場合、お互いに合意できている、大学付属か付属中高がある所を中心に受験をするが、日程があうのであれば、比較的近い洗足は受験する方向で検討するのはどうでしょうか。
・都市大は付属中高が人気があがり良い選択ではあります、試験日程11月3日か4日が空いていれば、通学は途中バスになります。
・精華小 女子は少ない環境ですので、それがあうなら受験、ただし、横浜方面は職場とも反対方向であまりおすすめできません。かつお子さんが乗り物酔いになりやすい体質を考えるとできるだけ短い通学時間を優先した方が良いと思います。
中学受験校ですが、結局中学受験塾に通う事を考えると、できるだけ自宅に近い方を選んだ方が良いです。その為、K様にはまず、洗足の受験をすすめます。日程があえば、都市大。

1−2.周りに私立小出身者保護者がいないために話が聞けない

まったくいないので何も聞けないと返答がありました。 

私からは;もちろん情報がなくても受験はできますが、小学校の内情、スケジュールなどやはり受験前に知っておく方が良いと思います。できるだけ親の努めとして探すように伝えました。お住まいの地域からも、単なる普通の習い事にも私学の方がいると思います。そして、塾には姉・兄が既に私学で、第二子、三子 のご両親が沢山いらっしゃいます。塾でさえ探せば話を聞かせてくれる先輩方は沢山いると思います。

1−3.中堅塾に通学のため、塾と相談が上手にでてきていない(塾に相談はしているが、塾から上手に情報をとることができていない)

私からは;塾からの回答が殆ど差し障りのない内容となっていました。確かにその塾を利用した卒業生のヒアリングでは「相談が殆どまともにできなかった」ということを複数の方からきいています。 とある学校に強い塾なのでその学校ど情報があるが、それ以外はあまりないのかもしれません。他校を受験予定の方は大多数が塾掛け持ちとも聞いています。
今更、大手を追加することもないため、第二志望を決めて、大手の季節講習を受講しつつ、もう少し情報を塾からいただくのどうでしょうか。

1−4. お子さんが乗り物酔いになりやすい体質

そのため、できるだけ近い・乗り換えがない・親の仕事と同じ方面で志望校を絞り込むのはいかがでしょうか。
K様に聞いても体調次第ということですが、もちろん遠い有名校を受験するのも親が決める事ですが、実際に通うお嬢さんは大変だと思います。志望に合う学校+通いやすさから学校選びをしたらいかがでしょうか。
(この条件から私からは出来るだけ併願校は通学の便が良い、電車移動が少ないか、何かあっても車やタクシーですぐ行く事ができる学校も検討するようにお勧めしました。また、勤務先と同じ路線で一緒に通学できるとしても、子どもが乗り物酔いで電車を降りた場合、親は遅刻するかもしれない事も考えるとやはり学校と自宅は近い方が良いのではないかとお伝えしました。)

2.志望校について

その他検討しているのが慶應幼稚舎、青山学院、学習院、雙葉、成蹊、立教女学院
ご主人の希望(中学受験校)洗足、都市大

2-1神奈川校について

東京を中心に受験するよりも、神奈川校をメインで考えるべき地域にお住まいです。そのため、もう少しよく考えるように(難易度、距離、学校の特徴)を含めて志望校を決めるようにと連絡をしました。
・横浜雙葉は遠すぎて受験はしないと連絡があり
・桐蔭は見学済みだがあうのか分からない →無理に受験しなくてもと思います

2-2. 東京の志望校

慶應幼稚舎、青山学院、学習院、雙葉、成蹊、立教女学院 を検討していると連絡があり、こちらからなかなか強気の学校選択でかつ、試験日程がかなり重なるため、志望校を再検討する必要があると思います。
また、個別試験の学校が2校入っていますので、準備をお忘れ無く。
・都市大を入れました
・成蹊は通学困難です 試験を受けるのも大変だと思います。

2-3. 公立回避

公立回避があるのであれば、もう少し柔軟に、かつ問題1−4から出来るだけ通学しやすい受験校も選択するように伝えました。

2-4. 女子校をどうするか

女児ですので、やはり女子校をどうするのかをもう少しよく考えた方が良いと思います。 お子さんの性格(メールの内容のみですが)メリハリがきくタイプですので、女子校で問題なくやっていけるのではないかと思いました。 ただ、やはり厳しすぎる所では、おそらく、いつかお子さんが疲れ切ってしてしまう可能性があるのかもとも思いました。そして、女子校は各学校特色があります。傾向と対策もありますので、もし、本当に雙葉を受験するのであれば、雙葉の準備もしましょう。(メールに記載がありましたが)都内女子校はお住まいの地域から遠く雙葉、田園調布雙葉の2校のみが受験可能な距離だと思います。 シミュレーションには最初に検討されていると記載のある立教女学院小学校も含めていますが、通学困難だと思います。

3.仮のシミュレーション

相談を頂いた時の志望校のシミュレーションです。 通学時間は朝7時30分に到着予定で計算(子どもの場合もう少しかかります。)考査時間は過去のデータによるものですその為参考程度にしてください。

■10月神奈川校
・洗足学園小学校 24日(木)(21分) 事前面接有り
・桐蔭学園小学校 25日(金)(23分) 面接当日
・森村学園初等部 26日(土)(26分) 保護者面接は10月5日(土)、6日(日)

東京校の10月面接有り 立教女学院小学校
■11月1日
・雙葉小学校 (48) 8頃後半集合 考査10後半頃終了 
・青山学院初等部 (43) 逆生年月日 
■11月2日
・雙葉小学校  2日目10時頃集合 12時後半頃終了
・立教女学院小学校 (60)午後集合予想
・慶應幼稚舎(53) 午前
■11月3日
・青山学院初等部 午前8時頃  二日目
・学習院初等科 呼び出し時間は1日3回
・東京都市大学付属小学校(40) 3日、4日いずれか1日
■11月4日
・東京都市大学付属小学校 
■11月9日
・慶應義塾横浜初等部(12)
■11月後半
・慶應義塾横浜初等部 二次

・成蹊は通学困難と判断し記載なし
・立教女学院小学校も通学困難と思いますが記載しています
・精華は方面、距離、内容からみて併願から外しました
・慶應幼稚舎 全くの縁故なし女児で受験するのか良くお考えください
・5日〜数日試験がありません
・例えば、神奈川校で進学希望の所からご縁がいただければ、東京はチャンレジ校のみにすることもできます
逆に、神奈川校でご縁いただけなければ、東京で受験する学校をよく選択する事が必要になります
・個人的には全く準備をしていない青学をチャレンジ校で受験するのならば、大事な1日、3日は別の学校を受験することも一案
(現在の志望校の選択は チャンレジ校がすでに複数入っているためです。)

4.その他のご質問の返答

4−1. 「本当に全く縁故がない場合」に該当するので、子どもの試験次第で結果が出ると言われているところを教えて欲しい。
返答:白百合(一日)、横浜雙葉(10月23日)、成蹊(11月1〜4日)と、そして中学受験校はお子さんの試験次第の部分が大きいと経験者及び長年先生をされた方から聞いています。 ただし白百合、横浜雙葉、成蹊すべて50分以上の通学時間となり通学困難だと思いますが、学校の特色からみてお子さんとご家族にあうところがあれば受験するのも一案。 やはり通学に不安があるのであればその日他の学校を受験するのも一案、ご家族でご相談ください。 どの学校も特徴ある試験内容です。

4−2. 志望理由は関係なく、通いやすさのみでみると、慶應横浜、洗足、桐蔭、カリタス、田園調布雙葉、森村、都市大、稲花、昭和女子となりますが、これら併願はどうでしょうか?
返答:上記の学校の中で一日校は田園調布雙葉のみです、また、稲花、昭和女子は複数の日程で受験できます、まず、殆どの試験日程が一日校ほど重ならないことは分かります。この場合、試験日のシミュレーションはご自身でも出来ると思います。ご自身で解決できそうなことは親の仕事です、ご自分でやりましょう。

頂いた内容のみで書いております、まだ見学も間に合います、お嬢さんの性格に合いそうな学校も含めて、ご両親でよく相談の上、決めて頂ければと思います。夏は夏期講習、模試、願書清書で親は更に忙しくなります、お体に気をつけてお過ごしください。

error: Content is protected !!