相談内容、件数、ブログを見てくださっている方の地域 2019年8月まで

神奈川校受験の方 願書受付がすでに始まっている学校もあります。清書お疲れ様です、まだ暑いので体に気をつけて準備を進めてください。(親が倒れると準備できません、どうかお母様は特に気をつけてください。)

1.ご相談について

1−1.年長

7月8月は年長の保護者から、志望校・併願校について相談がありました。
志望校を決める最終の時期になったため、現在の準備状況からみて不安になられた方からの相談(ほとんどが継続相談の方です。)が多々ありました。
お会いしたことはありませんが、真面目にメールで返答・情報共有をしてくださっている方々ですので、合わなそうな学校には正直に○○が合わないと思いますが、いかがお考えですか? とこちらから聞き、このまま受験をした方が良いのではと思う学校にはその通り書きましたし、あまりにも併願校が少ない方にはもう1−2校検討すること(夏休み期間でしたので、まだ9月の学校説明会にまにあうため。)をお伝えしました。

1−2.年中

7月8月になると、年中の方からもう学校別が確定したなど年中の塾のコースについての相談が多々ありました。

また、あと1ヶ月で新年長になりますが、この段階で、塾を精査する時期です
年長になり、これまでWMの方で土日のみの塾通いの方も、とうとう平日に1クラス受講しないとまわらなくなってきます。(難関校を受験する場合です。)
また、問題ありの個人塾に通われている方から転塾相談もありました。
受験まであと1年1ヶ月です、この段階で塾・塾のコース、志望校、通塾できるか、お子さんの準備状況から考えるようにお伝えしました。

一番多いのが、年長のクラスをどうするかです。
まず、志望校が変わりやすいフリーの方には「(これまで受験経験が無い方)年長前に完璧に全部決めるのは大変難しいのです。 乱暴な言い方ですが、受講してみて合わなければ退室、足りなければ追加などもあると柔軟に対応出来るようにしてください。」とお伝えしました。
ただ、ポイントがあって、やはり人気のコースは先に予約しておきましょう。そして、もし志望校が変わったり、先生や受講しているお子さん・保護者とあわない、不要と感じたらやめてもいいのです。

年中の方にはまだ学校見学があまり進んでいない方もいて、年中のこの時期(学校見学が集中する9月)にできるだけ多く行っていただき、新年長始まりまでにはある程度志望校を決めることができれば、十分な準備時間がとれると思います。 来年9月はもう本番直前です、来年6月が最後の見学ぐらいの気持ちで今動きましょう。
・学校見学(説明会・公開行事に参加)すること
・志望校の中で一番難しい試験はどこか(内容、範囲が広い)を中心にして新年長から進めるか
・準備ができないという判断も時には必要

1−3.こまっていること

こちらは真面目に返答をしていますが、情報共有をしたくないのか、相談を送ってきているにもかかわらずその後返答が無い方、こちらから質問を送っても途中で連絡をやめる方がいて困っています。 情報共有していただかないと、こちらも適切なコメントができません。

返答1回につき30分〜50分程度かかることもございます。

途中で返答をやめるならば、最初から相談はご遠慮ください。(是非ご利用の塾を活用してください。) メールで相談を受けていると、本当にいろいろな方がいるというのを感じます。メールの返答一つでも、とても丁寧な方、真面目な方、すぐ返答する方、お子さんの事をよく見ていると感じる方、実によく学校研究をしている方、又は、その逆でお子さんの適性を見ていないのではと感じる方、独り言のような勝手な内容だけ書いてくる方、この辺を小学校の先生方は提出された願書、面接、そしてお子さんの状態から、ご両親の子育ての状況、学校に協力する気がある親なのか、よく見ているのではないか、とも感じることがあります。

2.相談実績

新規の相談は2019年7月9件、2019年8月6件でした。
7月8月は年少以下、年中でこれから本気モードになる方からの相談多かったです。
継続相談の方々近況報告ありがとうございます。当初辛口でコメントしていた方から、「多々塾を体験して、言われたことがやっと分かりました!」と返答がありました。ありがとうございます。どうぞ無事に受験できること祈っております。

もっと塾が相談をしっかりやっていただければと思いますし、是非ご両親には高額な支払をしている塾をもっと上手に利用していただければと思います。

3.どこからブログをみてくださっているのか

2019年8月
国別は多い順に(10位まで)日本、アメリカ、シンガポール、UK,タイ、カナダ、ドイツ、フランス、HK,インドネシア
日本国内は多い順に、東京、神奈川、大阪、埼玉、愛知、埼玉、千葉、北海道、兵庫、福岡、京都
市区町村別多い順に、横浜、港区、新宿区、千代田区、大阪府、世田谷、渋谷区、名古屋、川崎区、大田区

確かにこの1−2ヶ月神奈川の方からの相談が多かったと思います。
 
今後の予定
・相談への返答まとめをブログに記載(5月頃からたまっています)
・親がやること 更新中です。
・学校研究 まとめ直し

どうか皆様に良いご縁があるようにいつも願っております。

error: Content is protected !!