2019年9月 相談内容、件数、ブログを見てくださっている方の地域 

年長の保護者の皆様、願書の清書おつかれさまでした。無事に提出できましたでしょうか。大変だったと思います。どうぞ、少し休んで体調を整えてください。

9月に入り、ご質問も年少以下の方、やはり年中から新年長に上がる際に塾を整理したい方のご相談がありました。

1.ご相談について

1−1.年長

この時期に志望校・併願校のご質問がありました。まだ見学にもいってない学校が数校あり、間に合うのか?とご相談いただいた私の方があせってしまいました。無事に志望校・併願校がきまり、願書は間に合いましたでしょうか? 検討していた学校の中にはすでに願書販売期間がおわり、受験を断念する学校も。 やはり準備はきちんとしておかないと感じる相談でした。
今後の受験の方に:やはり気になる学校いは一番遅くても、せてめ年長6月の説明会までに全部行く事をお勧めします。

実は複数の親から夏前・夏中子どもが病気になった。やり過ぎたことを反省したと連絡がきました。そうです、また5−6歳のお子さんです、何度も「無理させないで」と書いています。親が一生懸命になるのは分かりますが、まだ生まれて5年の子どもに親が思うほどの量はできません。早めに「やりすぎたこと」に気がつかれてまだよかった(よかったとは言えませんが)かと思います。これが10月ならこれまで何年も準備した受験をあきらめないといけません。 10月からはもう、無理をせず、毎日勉強はすこしだけ、それよりも体調管理だけを目的としてください。

1−2.年中

やはり、学校別の申し込の時期でもあり、ここで志望校を再度考え直す方のご相談が目立ちました。そして、転塾相談も。まだ、1年ありますので、あまり志望校を少ない数に絞るよりも、①第一志望〜第三で必ず受けた医学校、②通学が楽な学校、③お子さんの会いそうな学校、④親からみて良い学校などを付け足していくイメージでもよいかと思います。

そして、ほぼ全員に言えるのですが、過去問を親が解いてない
その為、塾で言われたペーパーや体操内容などを疑うことなくそのままやっている。
現在年中の保護者数人に「宿題」として、志望校数校の過去問を親が今すぐといて、その傾向を書いてください。とお願いしました。 「宿題」を真面目にやった保護者の方にはその内容に私からも各学校の特徴をコメントを書いて送っています。
相談者の方から「今回このような宿題を頂き、過去問に早く向き合うことが出来たこと大変感謝しております。今までは、一般的な情報(○○校は難問だから塾の難関ペーパーが必要等)で物事を決断しようと為ていたことを深く反省致しました。」 と連絡がありました。
今後、塾の特に総合クラスでやることが全く志望校に出ないことが多々でてきます。親が取捨選択してあげてください。あまりにも無理をさせないためにも親が先に勉強してください。

1−3.年少と年少以下

受験を考えはじめたばかりの方から基礎的なご質問を複数の方からいただきました。右も左もという方達でしたので
・まず3塾体験にいく。 大手でも校舎により違いがあるし、1個人塾だけだと比較できません。
・過去問が販売されている学校であればすぐ買う。親にどこまで準備するのか理解していただきたいのです。 年少で過去問?と思われるかもしれませんが、親が知ることはとても大事だと私は思っています。

2.相談実績

新規の相談2019年9月は7件でした。
継続相談の方々近況報告ありがとうございます。

3.どこからブログをみてくださっているのか

2019年9月
国別は多い順に(10位まで)日本、アメリカ、HK、シンガポール、タイ、オーストリア、ブラジル、UK,中国、ドイツ

日本国内は多い順に、東京、神奈川、大阪、埼玉、愛知、千葉、北海道、京都、兵庫、福岡

市区町村別多い順に、横浜、港区、新宿区、千代田区、大阪府、世田谷、渋谷区、名古屋、大田区、杉並区

 今回も神奈川県在住の方からの相談が多かったです。
神奈川校について、東京在住者が受験する範囲であれば、数校学校見学に行きましたし、受験経験者談も聞いていますし、自分でも問題をといているので分かるのですが、なにぶん、東京寄りではない神奈川の私立校までは分かりません。お手伝い出来ない事もあり、ご相談いただいたのに申し訳なく思っています。

今後の予定
・相談への返答まとめをブログに記載(5月頃からたまっています)
・学校研究 まとめ直し(多少アップデートをしています)

どうか皆様に良いご縁があるようにいつも願っております。

error: Content is protected !!