補欠をお待ちの方と国立受験の方への返答

受験お疲れ様です。

補欠をお待ちの方から連絡をいただいておりますが、この時期まだあまりうごきません。ご存じの通り大学附属校の結果が出てからと筑波大附属の試験終了と、その後手続き後なので、かなり待つことも予想されます。心落ち着かないとおもいます、でも今はまってみてください。一番遅くて3月のそれも中旬に動くことも聞いています。

考える・調べる事② 全てご縁なしだけは避けて

にもう少し詳しく記載しています。参考になれば幸いです。

国立受験の方から連絡いただきました。

学芸大学附属、お茶、筑波ですが、ご存じの通り全く違う試験内容です。まとめて書く事も不可能で、もし不安であれば、国立専門の塾の直前講座でもおとりください。
とにかく、共通で言えるのは、本当の記念受験がいることです。 隣の子に試験中平気で話をしてきたり、列をみだしたりします。
まず、国立は実験校、先生の話を聞けるお子さんを好んでいます。
記念受験のお子さんに決してながされることなく、自分をしっかりもって受験するようにお子さんにつたえてください。親が記念受験の子を演じてロールプレイを自宅で練習しても良いとおもいます。試験中は話しかけられても無視するぐらいでもいいと思います。もちろん、行動観察他では応援したり、協力してやる姿勢も必要ですが。

自分が受験の時にお茶は第1次選考(抽選)さえ通れれば知り合いはその後皆さん第二次は合格していました。私学を目標として準備していたからだとおもいます。ただ、第三次検定(抽選)で残念になる方が多くて驚いておりました。 そのため、私は相談を頂いた時には、「国立は受験までできればラッキーでそれ以上期待しないでやった方が心の平和を保てます」とお伝えしています。 

インフルエンザもはやりますので、とにかくお体に気をつけておすごしください。

error: Content is protected !!