準備期間1年以下で合格 質問への返答 考察:親の役割

2019年11月12月で受験終了のブログを見てくださっていた方からいただいた質問への返答とその考察です。あれだけ大変な小学校受験ですが、世の中には一年を切った準備期間で難関を合格される方もいるのです。

一年未満の準備で私学と国立にご縁いただいた方からの受験についての相談者の受験経験と質問ですが

・国立志望で塾には殆ど通っていない(家庭学習他習いごと)
・いわゆる塾は10月からだけ
・私学にご縁いただけましたが、もちろんそれなりに戦略的におこなったが、この短期間でご縁をいただいたことに長期間準備されてきた方への申し訳ない気持ちや、学校側は何を見ているのだろうとの不思議な思いがある

その後国立も受験する予定なので、国立のポイントをおしえてほしということでしたので、それは以前のブログで「補欠をお待ちの方と国立受験の方への返答」で返答いたしました。

既にメールで返答済みですが、その私学は私も他に短期間で合格された方がいることは存知あげており、いわゆる普通の受験内容とは少し違う学校(人気校はありますが)のため、(学校側は何を見ているのだろうとに対する答えですが)、また通学範囲も限られているために万人が受験に行く学校ではない。ですので、その対策をしっかり行い短い期間の準備で合格という結果は見事な事ではありますが、とても驚くことではない。(難関女子校合格なら本当にビックリします。)
しかしながら、ご自宅での勉強などお子様・ご家族が一体となった結果です、素晴らしいと思います!

その後国立にもご縁があり、短期間準備で素晴らしい結果で本当に良かったと思います。

国立もご本人から「なぜ短期でこれだけ結果がでるのかよく分からない」と質問がありブログで返答しますねとメールで連絡しました。返答遅れて申し訳ございません。

まず、お子様Bグループということなので、それであれば可能性は高くなり私は理解できることもあると思いました。親の運が必要ですが、抽選がとおれば、Aグループに比べたらBは多少簡単になりCはとても簡単になります。難易度が明らかにAが大変難しく、準備も多いのです。ただ、国立にも学校のお好みがあるので、その辺からもお子さまは明らかに小学校受験向き(話が聞ける、メリハリがあり、運動能力も高い)お子さんだったのだと予想します。

ただ、もっと大事な事、お母様がやはり私学出身だからこそだということもあると思います。これまで沢山相談を受け、もちろん何十年の友人もそうですが私学出身者はよく分かっているので無駄・無謀な受験はしないと感じています。そのため親の準備が素晴らしいこと+お子様が受験向きだったの二つがそろいこの結果が出せたのだと思います。

全く正反対のケースですが、フリーの方で東京観光のような志望校(慶應幼稚舎、青学、早稲田、学習院、雙葉など)だけを書いてくる方がいてこちらが正直驚いています。女子の場合日程を考えれば併願も出来ないのですが。もちろんご縁いただければ良いと思いますが、そう思ったように結果はでないので。

考察 親の役割-受験でやるべき事

1月の勉強会で説明しましたが、親とお子さんの関係は「ブラインドマラソンのランナーさんと 伴走者さん」にたとえると理解しやすいと思います。

ブラインドマラソンとは、「ブラインドマラソンとは、視覚に障がいがある方が走ることを言います」(日本ブラインドマラソン協会 参照)
伴走とは
「伴走とは走者のそばについて一緒に走ることを言います。
特にブラインドマラソンにあたっては、伴走者は障がい者ランナーと一緒に走り、視覚障がい者の目となり方向を伝えたり、障がい物を避けたりする役割があります。」

小学校受験ではランナー(お子さん) 伴走者(母・父) です。
・ランナー(お子さん)は走ること <小学校受験では受験勉強をして元気に当日考査にいくこと>
・伴走者の役割は(母・父)は一緒に走り(同じスピードで走る技術があり)サポートすること それ以外にも、ランナーのために栄養士となり、ランニングトレーナーとなり、時にマッサージを行う方になる <小学校受験では親は生活を考え、ペーパーを一緒にやり、巧緻性や絵画をやり、志望校・併願校研究を十分おこない、情報を収集し、時に遊び心をリフレッシュさせること>

お子さんと親の受験準備や、お子さんのいわゆる受験に向いている向いていないで考えると

①ランナー○ 伴走者○ →良い結果がでる (1年で○○合格など)
②ランナー○ 伴走者△ →実力重視の所だけは合格
③ランナー△ 伴走者○ →納得出来るところにご縁
④ランナー△ 伴走者△ →全滅もあり

説明:今回のご相談者様は明らかに①の方です。もちろんお子さんも理解が早く受験向きであり、かつご両親も戦略的に無理なく準備してきた。かつ、私学ご出身でよく分かっていた。

②であれば、例えば筑波Aグループをやはり一年だけの準備で合格された方がいましたが、私学(難関大学附属)は無理でした。これはあきらかに難関私学を受験するには親が準備不足(願書他)で親が△、それ以外にも、いわゆる親の属性が違う学校を第一志望としている場合なども親が△(属性の違いは変えられない)、又はお父様が面接失敗してしまう、比較的難易度を下げた学校を受験にいっても親の本気度が足りずご縁なしなどです。
ただし、お子様ができるので、実力重視の私学と運がよければ国立にご縁あり

③このケースはよくあり、お子さんがそれほど受験向きではない場合です。
ですが、親の仕事はしっかりやり、必要な所には挨拶にいき、子どもの個性にあった学校を受験し、最難関をめざしていたがやはり現実を考え最後に志望校を変えたとしてもご縁をしっかり頂くケースです。 良い私学は沢山ありますので結果良しだと私は思います。(併願校研究をした方です)

ただ、ご相談いただいたケースでその結果を納得出来ない親も時にいらっしゃいます。とはいえ、これは受験ですので各学校のボーダーというかあるレベルまでは仕上げてないと第一志望からの合格は望めません。逆に言えば無理して入学できたとしてもその後お子さんがついて行くのは大変ではないのかな?それとも成長と共に大丈夫なのかな?と入学時に心配が多いと思います。
現実を受け入れられない方も中にはいます。ご縁いただけた所が私から見ると決して派手ではないが割と良い私立小学校なのにと思うのです。

④例えば、記念受験です。親子共に準備が足りない。受験向きのお子さんではない(子どもの成長は違いますですので、あくまでも5−6歳の段階で日本の小学校受験向きということだけです。)または、私学準備をして二年以上費やしても、例えば親の過去問分析、学校分析が足りないなどもあります。

ですので、勉強会では皆さんに是非「伴走者○マルになってください」とお伝えしました。 親として受験を勉強してください。学校見学にいき、過去問もといて親としての仕事をしてくださいとお伝えしました。

回答になりましたでしょうか。参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!